調理師とは、職業として料理をする人には必須ともいえる国家資格です。料理人を志す、または現在料理人であるならば是非とも取得しておきたい資格です。一般的に誤解されていることですが、資格(免許)を持っていなくても飲食店等で料理人として仕事をすることはできます。資格を持っていないと一定の業務が出来ない、いわゆる業務独占資格ではなく、資格がないと『調理師』という名称を名乗ることができない、名称独占資格なのです。しかし一般的に求人の募集広告では免許を持っていることが条件になったり、一定の技術を持っているという証明となることから、就職の際に優遇されることが多いのが現状です。また、飲食店では店舗ごとに一人食品衛生責任者を決め保険所に届け出ることが必要で、食品衛生責任者は講習を受講する必要があります。しかし調理師免許を持っていると講習が免除になるので、ある程度の規模の飲食店であれば調理師を雇用しているのが一般的です。免許を取得するには二通りの手段があります。一つは、辻調理師専門学校などが有名ですが、専門学校等で所定の単位を習得し卒業すること。もう一つは、飲食店等で実務経験を積んで国家試験を受験して合格することです。それぞれにメリットデメリットがあるので、調理師免許を取得して料理人になることを考えているのであれば、あるいは現在飲食業等に従事しているのであれば、十分に検討して資格の取得方法を選択することが重要です。

専門学校で資格を取得する

調理師免許を取得する方法の一つは、厚生労働大臣が指定する養成施設(専門学校等)を卒業することです。学習の期間は最短で一年間で、専門課程や高等課程では二年間、三年間のコースもあります。また夜間コースもあり、こちらは授業時間が短いため一年半のコースが多いようです。所定の単位を履修して卒業すると、試験なしで免許を取得することができるので、実務経験がなく、これから料理人をめざすのであれば最短期間の選択肢となります。専門学校のメリットとしては、料理の基本的知識、理論、栄養学、衛生学などが学べるほか、調理実習により実践的な技能を身につけることができる、多様なカリキュラムにより幅広いジャンルの料理を学ぶことが出来るなどです。また、勉強しながらでも働けるアルバイト先を紹介してくれることも多く、卒業後の就職先も多くの求人が寄せられることから飲食業界での就業経験が無くても調理師として独り立ちすることができます。一方、専門学校のデメリットとしては費用がかかること、時間が拘束されることです。入学金や一年間の授業料等で100万円から200万円程度が必要になります。勉強内容も広範囲にわたっているので、調理師としての知識と技能をしっかりと身につけるには予習と復習も必要で、決して楽なものではありません。特に、在学中に飲食業界でアルバイトをすると、実践的な技能が身に付く代わりに立ち仕事であり肉体労働でもあるので、学習に影響がでることがあります。

国家試験に合格して免許を取得する

調理師免許を取得するもうひとつの手段は、国家試験を受験して合格することです。受験資格は中学校卒業以上の学歴と、2年以上の実務経験が必要となります。経済的、時間的に専門学校へ通う余裕の無い場合、現在飲食業に従事している場合は試験に合格することが免許取得の有効な選択肢となります。試験の合格率は毎年6割から7割程度で、独学でも十分な勉強をしておけば一回の受験で合格することが出来ます。試験の日程や回数は都道府県ごとに異なっていて、広報誌を読む、担当部署に問い合わせる、都道府県庁のウェブサイトをチェックするなどして確認する必要があります。受験地は各都道府県どこで受験しても良く、住所地や本籍地などによる制約はありません。ほとんどの都道府県は年一回ですが、大都市では年二回試験を実施することもあるので、年に二回以上チャレンジすることも可能です。試験に合格し免許申請を行うと調理師名簿に登録されて免許が交付されます。実務経験の定義は、定められた施設または営業で調理業務に2年以上従事した経験となっています。定められた施設とは、寄宿舎、学校、病院などの給食施設、飲食店、魚介類販売業、惣菜製造業となっています。調理業務とは食材の加工を行っていることが必要で、ウェイター、配達、掃除、レジ打ち、飲料の提供は調理に当たりません。またアルバイトやパートでの就業では勤務日数、時間によっては実務経験にならないことがあるので調理師を目指すうえでは勤務先の選択に十分考慮しましょう。